発案ストーリー

シェーバーウオッシュEXは、地球環境を考えるエコロジーの観点から発案、開発されました。
その開発経緯をご紹介いたします!

「シェーバーウオッシュEX」
発案までのストーリー

  • 本業は広告代理店を運営している大阪の企業、株式会社ケイ・シー・アールの社長は、朝から晩まで毎日クライアント さんと直接お話をする忙しい日々。
  • 【社長】
    "忙しくても身だしなみは大切!"
  • 長年営業職をしていた社長は人一倍身だしなみには注意しており、いつも愛用しているブラウン製のシェーバーを持ち歩いていました。
  • 毎日、何回も髭を剃るので・・・・自宅に持ち帰ってのシェーバー洗浄は日課となっていました。
  • メーカーのシェーバーカートリッジは、何個もゴミとして溜まっていき・・・
  • 【社長】
    ゴミとして溜まったカートリッジの量に反比例して、お財布の中身はからになっていく・・・
  • 社に戻り、空のケースを見ながら考えてみました。
  • 【社長】
    毎日1回シェーバーを洗浄しているな・・・1カ月で1個はカートリッジを使っているのか。となると1年間で12個。
  • 【社長】
    1個552円とすると、12個で、6624円。3年で19,872円
  • 【社長】
    そして36個のカートリッジが
    ゴミになっている!?
  • "そこで、社長は考えました。今、地球環境を真剣に考える時代で、私の財布環境も考えないと駄目でしょ!
    そうか、詰替出来れば良いのか?今はインクも詰め替えの時代!シェーバーも詰め替えの時代! "
  • こうして、詰め替え洗浄液「シェーバーウォッシュ」が発案されたのです。